FC2ブログ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

印の意味

競馬新聞などで使われている印・・・それぞれに意味があります。

ここでは、当ブログで使っている意味と本来使われている意味とを
比較してみましょう。

◎・・・本命
1着にくる可能性が一番高いと思う馬。
連複予想では2着までに入る可能性が一番高いと思う馬になることもあり。
つまり、◎が馬券の軸になるのだが、その意味合いから考えて軸は軸でも、
連単予想では一着固定で考えてかまわないということになりますね。

○・・・対抗
1着にくる可能性が二番目に高いと思う馬。
連複予想では2着までに入る可能性が二番目に高い馬になるでしょう。
当ブログでは、○は3着までに入る可能性が一番高いだろうと思う馬を挙げて
います。もちろん◎が1着に入るという展開を考えに入れての予想です。
個人的な考えから言うと、連複予想で◎-○という予想というのは、実は
少し違うのではないかと思うわけです。むしろ、馬連フォーメーションで、
◎・○と並べるところではないかなぁと思うわけです。

▲・・・単穴
1着にくる可能性が三番目に高く、展開などに恵まれればくるかもしれないという馬。
連複予想では2着までにくる可能性が三番目に高い馬ということになりますか。
当ブログでは▲は3着までにくる可能性が二番目に高いだろう馬を書いています。
これももちろん◎が1着に入るという展開を考えての予想です。
これも、個人的な考えから言えば、本来は◎-▲という馬券は少し意味合い
から離れているかなと思うわけです。

△・・・複穴
1着にくることは考えづらいが、二着ならば十分に考えられるだろうという馬。
当ブログでは△は3着に入るであろうという馬を挙げています。しかしながら、
2着に入るのは厳しいかもしれないという馬を挙げています。

したがって、本来競馬新聞などで挙げられる予想というのは
◎・○・▲-◎・○・▲・△
というとてもたくさんの馬券を書かなければいけないのではないかなぁと思う
わけです。当然ここで挙げたようなローカルルールを使用するのであれば、
今回のこのコラムのようにきちんと断りを入れなければならないと思うわけです。
スポンサーサイト

コメント

うーん。勉強になった。今後もご指導お願いします。

コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

馬券当たりますように
    ☆                         ☆                ☆         ☆
             ☆
          ☆           ☆
              ☆                      ☆
         ☆                     ☆
                    ☆               ☆
                  ☆             ☆                    ☆               ☆
            ☆          ☆                      ☆             ☆       ☆           
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ChickenHeart

  • Author:ChickenHeart
  • 2005/08/18開始のすっきりしない競馬予想です.
    基本的に切り捨てた馬も未練タラタラで点数を絞りきれませんが,どうぞ暖かく見守ってやってくださいm(__)m

にほんブログ村 競馬ブログへ

FC2カウンター
最近の記事
プログペット

最近のコメント
リンク
このブログをリンクに追加する
カテゴリー
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
最近のトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。